FULLY MAX 4S 1300mAh 70C&80C 高性能リポバッテリー こんどのフライトはこれでかっ飛ばす!

高性能のCPU=フライトコントローラ
高性能のシステム=バッテリー

という事で、皆におすすめするFULLY MAX 4S 1300mAh 70C&80Cを利用してのフライトは、
ORBITAL(オービタル)の新規事業部(製品開発部門+マーチャンダイジング部門など)責任者と現場も行うマネージャーにて、
「私有地」にてフライトを行ってきました。

「私有地」というのは、もちろん冗談ではなくORBITAL(オービタル)関係者の私有地なので場所は特定できないようになっていますが、一般の私有地ではないのでご安心ください。

パソコンのスペックは低いけれど、ドローンの性能は高く保ちたい。(一応MacBookAIRは所有)
様々にテスト飛行を繰り返しながら、操作のトレーニングも行いまして、社内の関係者の理解を深めたいと考えています。
全体的にはまだまだですが、お客様にもご来店いただけるようになり、より充実したパーツラインナップを目指してセレクトを繰り返しています。

こちらの飛行訓練の様子は動画をまとめて後日アップいたします。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、本日は、GフォースのDR-H120 をご紹介いたします。
G0250[1]
※出店:Gfoceホームページ

この機体はなんと199グラム以下という事になりまして、とどのつまりは狭義における「ドローン」ではなく、「模型飛行機」になりますが、
もちろん姿かたち的にドローンとして扱います!

以前のまとめ
U199サイズのドローンは無人飛行機に該当せずに模型飛行機に該当する。
無人飛行機の飛行には航空法のルールにより申請等が必要。
★U199の模型飛行機は操縦するのに無線装置を使用する場合がある。それはRC=ラジコンである。
ラジコンの飛行は例えば東京都の場合、
1)都立公園や緑地等は飛行不可
2)市区町村が独自で公園や緑地などを飛行不可にしている場合がある
3)無人飛行機に適用される航空法は模型飛行機には適用されない

いわゆる「人口密集地区の飛行不可」が適用されないので、1)、2)や空港周辺や一定の高度が守られらば飛ばしてOKということです。

しかし、大きくても小さくてもやはり、E=MC2という事で速さがあると危ないので、許可申請場所でのフライトが良いですね。
G0250-4[1]

品番:G0250

JANコード:4580416432504

価格:¥27,500- (税抜)

2017年1月18日発売

ORBITAL(オービタル)でも取扱いできるかも!(今のところ未定)
お楽しみに。